LPS完全解説

MENU

全身に存在するマクロファージとそれぞれの働き

LPSが作用するマクロファージという免疫細胞は、人間の全身に存在しているものです。ただ、マクロファージという細胞が存在していることは理解できたという人もいると思いますが、まだどの部位でどんな働きをしているものなのかを理解していない人も多いでしょう。

今回はLPSと、とても大きく関わっているマクロファージについて詳しくご紹介をしていきたいと思います。LPSを摂取したことにより、どんなマクロファージが活性化されるのか?をご覧いただきたいと思います。

全身に存在するマクロファージの種類

マクロファージは様々な組織に点在しており、お互いに情報を伝えあっています。この情報伝達により、人間が健康的に生きていくことが出来るようになります。

そして、様々な場所にマクロファージは存在していますので、各部位ごとのマクロファージの種類とその働きについてご紹介していきます。

能に存在するマクロファージは「マイクログリア」と言います。寝ている間に脳に溜まっている老廃物を除去する働きがあります。この老廃物を除去することが出来ると、アルツハイマーの予防に効果が期待できます。

鼻に存在するマクロファージは「ナーザルマクロファージ」といいます。鼻の粘膜に付着している病原体に対抗するために、獲得免疫に情報を伝えます。そして感染に備えるという働きをしています。

咽頭・喉頭

咽頭・喉頭に存在するマクロファージは「咽頭・喉頭マクロファージ」といいます。口や喉の粘膜に付着している病原体に対抗するために、獲得筋に情報を伝えてくれる働きがあります。鼻のマクロファージと同じ働きをしています。

リンパ節

リンパ節に存在するマクロファージは「リンパ節マクロファージ」と言います。獲得筋と接点があり連携を高めるために働いています。ワクチンを摂取したときに効果を発揮できるのは、リンパ節マクロファージの働きがあるからです。

肺に存在するマクロファージは「肺胞マクロファージ」と言います。タバコのタール、PM2.5などを除去して、正常に呼吸ができるように働いています。

肝臓

肝臓に存在するマクロファージは「クッパー細胞」と言います。体の中のゴミを1番食べてくれるマクロファージで、解毒作用が必要な肝臓だからこその働きをしてくれています。

副腎

副腎に存在するマクロファージは「副腎皮質マクロファージ」と言います。糖代謝、ストレスから身を守るために「ステロイドホルモン」を産生する働きがあります。

小腸・大腸

小腸・大腸に存在するマクロファージは「腸管マクロファージ」といいます。腸の上皮細胞の死骸を食べて、腸の構造を維持します。蠕動運動をサポートする働きもあります。

筋肉

筋肉に存在するマクロファージは「筋肉マクロファージ」と言います。運動をすると筋肉が破壊され、再生することでまた筋肉が生まれますが、再生のサポートをしてくれています。

骨に存在するマクロファージは「破骨細胞」と言います。骨の再生にとても役立っている細胞で、古い骨を食べて新しくしてくれます。

皮膚

皮膚に存在するマクロファージは「ランゲルハンス細胞」と言います。皮膚を新しくする、傷を修復するために働いています。外来異物の情報もキャッチしてくれる細胞です。