LPS完全解説

MENU

LPSを摂取するために食べたい具体的な食材その2

LPSが豊富に含まれる食材その1に引き続き、その2をご紹介したいと思います!今回は、比較的簡単に摂取できるものをご紹介しますので、今日からでも試してみてくださいね。それでは早速、LPSが豊富に含まれる食材について見ていきましょう!

LPSが豊富に含まれるおススメ食材

豆類

豆類にもLPSが豊富に含まれていると言うことが分かっています。その中でも特に有効だと言われているのが枝豆です。

枝豆を食べる時のことを思い出してみてください。ほとんどの場合は、枝豆のさやを口に入れて中身をプチっと飛び出させて食べますよね。実は、この枝豆の食べ方がとてもいいのです。

勘のいい方なら分かったと思いますが、枝豆のさやにLPSが豊富に含まれていますので、さやごと口に入れるということは、LPSをたくさん摂取できるということになります。

LPSというのは、口の中もしくは腸で効果を発揮するものなので、さやについているLPSを効率よく摂取することができるのが、枝豆のあの食べ方なのです。

ちなみに、大豆にもLPSは豊富に含まれているのですが、乾物の場合は戻した水を捨ててしまうのでLPSの効果を得ることが出来ません。

さらに加工した大豆の水煮缶がありますが、こちらもやはりLPSの効果はほぼ期待できないということが分かっています。ですから、豆類といってもLPSの効果を得ることが出来るのは、枝豆だと覚えておいてください。

たまにサラダ豆として枝豆の中身だけがありますよね。あれも枝豆に変わりはないのですが、さやから出されてしまっていますし、自分でさやを口にすることができないので、LPSを効率的に摂取することが出来ません。

ですから、ファミリーレストランなどのサラダバーなどで、よく剥かれた枝豆を見かけますが、そういった枝豆ではあまり効果は期待できないと思ってもらったほうがいいでしょう。できることならば、さやのままの枝豆を食べてください。

乳製品

一般的なヨーグルトなどの乳製品は、LPSが含まれていません。しかし、カスピ海ヨーグルトだけはLPSが含まれています。カスピ海ヨーグルトというのは、クレモリスキ菌乳酸菌と酢酸菌を混合したヨーグルトのことをいいます。そしてこの酢酸菌にLPSが存在していると言われているのです。

カスピ海ヨーグルトは少し前に流行ったのですが、様々な種類が販売されていますので、自分の好みに合わせて食べやすいカスピ海ヨーグルトを見つけてください。それから、カスピ海ヨーグルトではなく、普通の乳酸菌を含んでいるヨーグルトも積極的に食べることが勧められています。

実はLPSは、乳酸菌と一緒に摂取すると相乗効果でより一層の優れた効果を得ることが出来るからです。体にも良いですし、カスピ海ヨーグルトだけではなく、普通の乳酸菌でできたヨーグルトも摂取してみてください。

カスピ海ヨーグルトは「種」を購入すれば、自分で作ることもできます。一度作れば、またそれが種になりますので植え継ぎができてとても便利です。

LPSを摂取するために食べたい具体的な食材その1

食事からLPSを摂るには?オススメ食材トップ5