LPS完全解説

MENU

LPSって何?パントエア菌って?

最近メディアなどでも取り上げられて注目されているLPSについて、詳しく知りたい!という人が増えています。免疫力アップや美容への効果などがあると言われており、今1番注目すべきLPSについて、こちらで基本情報からご紹介していきたいと思います。

LPSってどういう意味?

まずご紹介するのは、LPSという言葉についての説明です。LPSは英語で「Lipopoli saccharide」と書き、リポポリサッカライドと読みます。

L→リポ(脂質)
P→ポリ(多い)
S→サッカライド(糖)

LPSは日本語名でリポ多糖や糖脂質と呼ばれています。

LPSはどこに存在している?

LPSは「グラム陰性菌」という菌にだけ付着している成分です。聞きなれない言葉だと思いますが、「グラム陰性菌」というのはグラム染色という方法を使って、陽性・陰性に区別をした最近のことです。

代表的なものとしては、大腸菌もグラム陰性菌です。グラム陰性菌はLPSが存在しなければ、生きていくことが出来ません。ですから、LPSはグラム陰性菌にしか存在していないのです。

グラム陰性菌の外膜部分にパントエア菌というものが存在しており、パントエア菌はLPSの元となる菌です。パントエア菌を発酵させて培養させると、LPSという物質になります。

このパントエア菌は、果物・土・草・木など私たちの身の周りに存在している菌で、これらの成長を手助けする働きを持っています。さらに人間も呼吸をしたり、食べ物を食べたりして自然に摂取している菌です。

LPSの第一人者・杣源一郎博士

LPSの研究をしている第一人者と言われる人物がいらっしゃいます。それは、香川大学医学部客員教授をしている、杣源一郎(そまげんいちろう)博士です。

LPSについての著書も出版しており、LPSについてもっともっと掘り下げていきたいという人には、杣源一郎博士の著書も役に立つと思います。

LPSはどんな症状に効果的なの?

LPSは様々な健康・美容効果があると言われていますが、具体的にどういった効果があるのかこちらでご紹介したいと思います。

まず、テレビ番組で紹介されていたのは「肌荒れ改善効果」「アルツハイマー予防効果」があります。これは日本テレビで放送されている『世界一受けたい授業』で紹介された内容で、番組を見てLPSに興味を持った人も多いのではないでしょうか。

一般的に言われているLPSの効果として、予防効果があるとされているのはこんな症状です。

  • ガン
  • アルツハイマー
  • うつ病
  • 花粉症
  • 感染症
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 老化
  • 骨粗しょう症
  • 認知症

お次は、症状の改善効果があると言われているものを見ていきましょう。

  • アトピー性皮膚炎
  • 胃潰瘍
  • やけど
  • 手術後の鎮痛効果
  • 傷の回復
  • 神経痛
  • 薬の副作用

このように、LPSによって様々な病気の予防と改善効果が期待できる事が分かっています。免疫力に作用するLPSの優れた力を活用したいと考える人が、どんどん増えています。